社会福祉法人北海道社会事業協会洞爺病院

 

社会福祉法人北海道社会事業協会洞爺病院

看護部長 田中 静子

 

 

 当院は急性期、回復期リハビリテーション、医療型療養、在宅ケアセンターを有する病院です。 急性期から在宅までの関わりの中で、人間らしく、その人らしい生活が送れるよう支援することを心がけ、看護・介護を提供したいと考えております。  当院で過ごされている患者様・ご家族から「洞爺病院にかかって良かった、入院して良かった」と言って頂けるよう努力して参りたいと思います。 また日々の看護・介護の中で業務の改善や研修、勉強会等を推進し、より良い看護・介護に繋げていくと共に、職員の働きやすい職場づくりを目指していきたいと考えております 。

 

 

 

 

●看護部の理念

1. 人間らしく、その人らしく生活できる支援と癒しに繋がる看護の提供をいたします。
2. 地域連携を通して安心出来る医療と看護を提供いたします。

  1) 地域医療連携における看護の充実を図り、提供するための努力をいたします。

  2) 災害看護の充実をはかり知識と技術を提供いたします。
3. 看護者個々において知識及び技術の向上のための努力をいたします。

 
 
 

●看護部方針・目標

 
●看護部方針

・患者様の一番身近な存在として患者様の声に耳を傾け、やさしさと思いやりのある看護を目指します。
・専門職業人として、看護実践能力の向上に努めます。

 
●看護部目標

1. 患者様の人としての尊厳及び権利を尊重する。

2. 患者様・ご家族への気遣い、配慮ができる。
3. チーム医療の一員として自覚を持ち、協力できる。
4. エビデンスに基づいた看護を実践するために自己研鑽する。
5. 看護基準・看護手順を遵守する。
6. 積極的に業務改善に参画する。

7. コスト意識を持ち、病院経営に参画する。

 
 
 

●看護部門のご紹介

 
●看護部組織図
 
●看護部会議・委員会組織図
 
 

●看護部教育体制

 
●現任教育
 看護部教育委員会では集合研修、部署内研修などを組み込み、到達目標を設定した年間計画を立案し、看護師としての自立に向けた研修を計画しています。 特に新人看護職員の教育に力を入れ、学校と臨床現場とのギャップ・リアリティショックの軽減を重視し、ロールプレイ演習・シミュレーション演習を多く導入し、実践に即した内容で研修を行っています。1年間を通し社会人としての成長を見守り、サポートしていきます。 また継続教育として経験年数に合わせた研修を計画し、全看護師対象に看護研究発表会、療養病棟看護師対象に急変時対応の研修をマンツーマン方式で行い、日々の看護能力の向上を図っています。
 
●潜在看護師・途中採用看護師研修
 看護師・准看護師の免許を持ちながら、現在看護の現場を離れている方を対象に『看護の知識と技術の確認』を目的として個々の状況に合わせ、看護部教育委員会、看護部基準・手順委員会が研修を実施しております。

1. 基本看護技術アップ演習

2. 医療機器の取り扱い

3. 体位変換と移乗方法

4. 基本的なパソコン操作方法

5. 感染対策

6. 看護記録

7. その他

上記以外、個々に合わせたセレクト研修として項目を選択し、研修を受けていただくシステムを取っています。

 
●こんな感じで研修してます♪・・・
 
・採血の実技研修 ・体交移乗の研修
   
・新人研修 KJ法 ・研修後の発表 〜1年間を振り返って〜
   
・院内 KYT研修 ・急変時対応研修
   
 
他にもいろいろな研修を行ってます。