社会福祉法人北海道社会事業協会洞爺病院
 

・作業療法とは

 リハビリテーションでは障害を持った人が人間として充実した生活ができるように、身体的・精神的・社会的・職業的・経済的機能を最大限に回復させるために、いろいろな職種の人々が働きかけます。その中で作業療法では,主体的な活動の獲得をはかるため、諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて治療・指導・援助を行います。

   ・病気やけがによって失われた機能を回復させるお手伝い。

   ・日常身の回りの活動(食事をとる、トイレに行く等)が自分で出来るようになり、その人らしい

    生活が行えるよう訓練したり環境を整えたりします。

 

・当院の特色

 洞爺協会病院作業療法科では、入院、外来、療養型病棟等において、幅広い分野の疾患に対し、リハビリテーションを行っています。 脳血管障害やパーキンソン病などの中枢神経疾患を中心とした運動器疾患のリハビリテーションとともに、整形外科的疾患、内科的疾患、外科的疾患に伴う廃用性症候群に対して、作業療法を行っています。

 
以下、工事中・・・