社会福祉法人北海道社会事業協会洞爺病院
 

・理学療法とは

 理学療法とは,検査,測定/評価に基づき,何らかの疾病,傷害(スポーツを含む)などに起因する機能・形態障害に対する運動療法による筋力,関節可動域,協調性といった身体機能,および温熱,水,光線,電気などの物理療法による疼痛,循環などの改善を図る治療科学です。また能力障害が残ったとき,基本的動作や日常生活活動を改善するための指導,そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整,在宅ケアなどが含まれます。近年では,生活習慣病の予防,コントロール,障害予防も理学療法の対象になっています。

   ・病気やけがによって失われた機能を回復させるお手伝い。

   ・日常身の回りの活動(食事をとる、トイレに行く等)が自分で出来るようになり、その人らしい

    生活が行えるよう訓練したり環境を整えたりします。

   ・病気や怪我によってひき起こされる痛みや障害に対し、テーピングや適切な運動処方により

    痛みの軽減、障害予防の手伝いをします。

 

・当院の特色

 洞爺協会病院理学療法科では、入院、外来、療養型病棟等において、幅広い分野の疾患に対し、リハビリテーションを行っています。脳血管障害やパーキンソン病などの中枢神経疾患を中心とした運動器疾患のリハビリテーションとともに、整形外科的疾患、内科的疾患、外科的疾患に伴う廃用性症候群に対して、理学療法を行っています。

 
以下、工事中・・・